Blog 1/445

鍼灸マッサージ師を目指すアラサー学生のブログ。

私には『自分の葬儀を自分でプロデュースしたい』という願望がある。

 

突然こんなことを言い出してギョッとされたりするかもしれなけれど、終活という言葉が浸透してきた昨今ではそんなに珍しい考えではないと思う。実際に自分でプロデュースした方の事例を聞いてからは憧れは一層増すばかり。まだ30代も前半でそんなことを言うのは些か気が早い気はするけれど「こんな結婚式がいい」と思う人がいるのと同じような感覚だと思ってもらえると伝わりやすいかなと思う。

 

まだ見積も取っていない、計画というよりまだただの願望だけど、既に参列者から開始〜埋葬に至るまでかなり具体的に頭の中にある。

 

その願望の一つに『祭壇に飾る花の指定』がある。

 

どうも私は、菊の花が好きになれない。仏花のイメージが強過ぎて暗い感じがするのと、菊独特の強過ぎる黄色や紫色の組み合わせが好みではない。菊が綺麗だと思ったこともない。

 

では何がいいかというと、私はガーベラがいい。

 

なんかハッキリと「花!」という感じがして、形も可愛いし色のバリエーションも良い。

 

昨日友達とそんな話をしていて、「花言葉も重要だった!」と調べたらガーベラの花言葉は「希望」「前向き」「常に前進」などポジティブなものが多くて、ますますピッタリな気がした。

 

ダリアとかも派手でテンションが上がって好きだけど、高くて予算オーバーになるから、やっぱりガーベラがちょうどいい。

 

今の私にとって、死は日常の延長で、突然大きな衝撃を持って訪れる可能性は低く、緩やかに訪れるものに感じている。よく友達に話すのは、「喉が渇いたから水を飲もう」と思うのと同じような感覚…伝わらないかな…。

 

日常の延長がいつ来るかは分からないので、早めに見積を取って予算を決めて、必要な金額など最低限のものは準備をしておかないといけないな、と思う。

 

友達にも花の希望を聞いたら色々挙げていて、中には時期や飾り方の難易度が高いチョイスもあって、面白かった。

 

みんなはどんな花がいい?

こういう距離感の施術ができる鍼灸師になりたい

イ・ハイの【breathe】の歌詞のような距離感の治療が、できるような術者になりたいなぁ…と思う朝。

 

今担当してくれてる先生の治療もこういうスタンスだと自分は感じてて、それもあって通い続けてるのかなぁと思う。

 

LEE HI - '한숨 (BREATHE)' M/V - YouTube

はじめての運転

3月4日に免許を取得して、車に乗らない日々を過ごして早2ヶ月強…

 

ついに本日、仮免許でなく正式な運転免許証を使って路上を走った!!!!!

 

使ったのはタイムズのカーシェアリング

車の運転に慣れている同級生が助手席に乗ってくれて、色々と教えてもらいながら放課後に1時間半運転した!

 

全部が初体験!色々書き残す!

 

f:id:blog445:20220512000425j:image

 

***
タイムズのカーシェアリング

 

道場の練習仲間の大学生が「学生証があれば月額料880円がタダになる」と教えてくれて登録した。

 

なんと登録した日から4年間、卒業しても学割が適用される。車は15分220円で借りられる。保険も乗る時ごとに+330円でつけられて安心。ポートもいっぱいある。

 

今回は学校近くのポートでレンタル。1時間半の利用で1,650円。

 

乗り終わって返却したらこんなレポートが届いてた!分かりやすい!

 

f:id:blog445:20220511234613j:image

 

***

走ったコース


学校の近くから、有名な神社や公園などを何箇所かぐるり。

 

助手席に乗ってもらう人に何もかも任せるのはヨクナイ…と思って連休中にどこを走るべきか自分なりに考え、考えた結果私が決めたコースは学校から3km地点の神社。走行時間片道7分。左折1回、右折1回、残りは直進。

 

前日に「初めてなんでこのコースで走ろうと思うんですけど」と報告しに行ったら「近過ぎでしょ…」という反応。地図で7分と出ても、実際自分がどんな感じでどのくらい時間かかってそこに着くのか全く想像出来なくて、これでも十分だと思ってたけど、今日実際に走ったら本当に7分で着いて、結局そのあとどこに行くか、コースは全部同級生が決めてくれた…

 

 

***
同乗してくれた同級生がひたすら神だった

 

初めての運転は慣れてる人に助手席に座って色々教えてもらいながら運転したい…という私の希望を、同級生が全部叶えてくれた。

 

もう、言葉では言い尽くせない位有難かった。

 

初めての運転に怖がりテンパる私の横で、終始落ち着いた雰囲気を醸し出して安心させてくれて、かつ的確で分かりやすいアドバイスをしつつ、適度に休憩ポイントを設定し、さらに信号待ちなどで現在地の見所を解説、コース設定から返却時の車庫入れ(かなり狭かった)まで考えた時間配分、車庫入れの時の誘導まで…

 

今振り返っても、神なの?ってくらい行き届いたサポート…

 

私は左に寄りがちらしくて、走行中に何度かそれを教えてくれたけど、

 

一度も「怖い」と「危ない」というワードで私に注意をしなかった。

 

「今少し車線踏んじゃってるからもう少し右に寄ろうか」とか、「もう少しアクセル踏もうね」とか…

 

ビビり散らかす私に「大丈夫大丈夫」「一回深呼吸しようか」と…とにかく終始穏やかでいてくれて、最初は怖かったけど最後のほうは落ち着いて運転できた。今まで教官としか乗ったことなかったから、こんな優しい言葉をずっとかけてくれる人と乗ったことなくて、あまりの優しさに泣きそうになった…。

 

私はと言えば、とにかく事故なく事故なく事故なく帰らなければ…私が死んでも同級生だけは絶対に無事に帰さなくては…とそれで頭がいっぱいだった。一人で運転するのもまだ絶対的に怖いけど、誰かの命を乗せることもまた別の怖さがあった。

 

***
キュンとした

 

道の途中で左折してくる車に道を譲ったら、その車の運転手さんが、軽く手を上げて会釈してくれて、私の前を走り去る時にハザードランプを2回チカチカッと点滅させてくれた。

 

そうやってお礼を伝える文化があるとは聞いていたけど見たのは初めて。しかもハザードランプチカチカッてするの難しくない?初心者の私には、両手離して自転車乗るくらい難しい芸当で、とても出来ない…。そんなことする余裕がない。スマートな人…。

 

で、そのチカチカッを見た私。

 

(私)「今の人好きになっちゃいました」

 

(同)「えっ…!?」

 

(私)「ハザードランプ2回チカチカッてお礼してくれた。優しい…」

 

(同)「…そんなこと言ってたら1回運転する度に5回くらい人好きになっちゃいますよ…」

 

つらいことがいっぱいだから、人の優しさに触れると弱い私なのだった(※つらいこと=都心での運転への恐怖)

 

でも今日好きになった人とはもう二度と会うこともないでしょう…誰も傷つかない平和な“好き”…

 

***

運転が上手い人とは

 

運転を終えて学校に戻ってきて、同乗してくれた同級生から今日の運転のフィードバック(なんかもう本当神なの…?)。

 

そこで、運転が上手いとは、スピードが出せたり、スピードを出してカーブを曲がれたり、そういうテクニック的なものではなく、その場に合った適切な状況判断が出来て、安全に配慮して運転できることだと教えてもらった。

 

なんだかとっても深く沁みた。

 

これ、鍼灸按摩にも言えるんじゃないかなぁ。

 

車も鍼灸按摩も、大事なことは同じなのかもなぁ…似ている所がいっぱいあるよね。

 

***

そんなわけで、初めての運転、無事に走って帰って来られました!

 

同級生の力が大きかったとは言え、私もよくがんばった!

 

今後も定期的に練習続けて、必ずや一人でもちゃんと乗れるようになる!

今日の中国鍼サークル(反省)

モデルやらせてもらって、打ってもらった感覚は掴めたけど、自分が鍼打つ側になったら鍼の操作が全然できなかった。

 

2寸?いつも使う鍼の倍の長さくらいある鍼を始めて刺したけど、長過ぎて全然刺入できなかった。鍼が撓んで、重心を定められず、どうやって押し入れていいのかわからなかった。一応刺せたけど、抜鍼したら鍼先が相手の体内で曲がっていた。

 

先生曰く、刺す位置はいいけど最初の刺入でミスってるから入らないんだとのこと。

 

中国鍼使って、中医の手法使って治療したいんだったら、長い鍼の扱いもできなきゃいけないんだろうなぁ。

 

陰陵泉以外、狙った位置で得気もほとんどちゃんと得られなかったし、経筋狙いの腎兪は一応筋にはちゃんと刺せたけど得気はイマイチだし…

 

なんかもっと手応えみたいなのを掴みたかった。

 

まぁまだ中国鍼握って1ヶ月経ってなくて圧倒的に練習不足なくせに何言ってんだって感じだな。

 

明日実習室予約しよ…

【振返り】2年次・4月

最近いつも後手後手だ〜

 

とりあえず忘れないうちに箇条書き!

 

春休みに1年の復習しておいてよかった!

2年生は1年で習ったことをベースに話が進む。というかずっとこれの繰り返し?来年は1・2年で習ったことがベースに、卒業したら学校の3年間で習ったことがベースに。ならば忘れないように、日々のマメな復習を習慣化することが大事。というか絶対忘れるから、大事なことはしょっちゅう目にするような、振り返れる習慣を作るのが大事だな。

 

図書室に引き籠る

4月の放課後は、時間の許す限り図書室で過ごした。色々読みたい本とかもあるけど、大体その日の授業の復習で終わる。1年の頃からだけど復習めっちゃ時間かかる。でもやらないよりやったほうが授業の理解度が全然良いからやらないわけにもいかない。どうやったらスピードアップできるんだ。。

 

セミナー参加などは一旦お休み

1年生の時は毎月外部のセミナーに参加してたけど、2年生前期は既に申込み済みのセミナー以外は一旦おやすみ。まず学校の勉強に集中してそこで取りこぼしがないようにする。

 

治療院訪問はもう少ししたかった

セミナー行かない代わりに色んな治療院に行こう!と思ってたけど、結局いつも行っているところに定期的な治療を受けに行くに留まった。

でも、そこの院で、いつも治療を受けているのと別の先生の治療も受けて、同じ中医ベースでも全然違う治療を受けて、それも一つの気付きになったから、良し!

 

中医学楽しいな

2年生から始まった中医の先生方の授業が楽しい。2年生で一番頑張りたい分野かも。

 

今の自分が出来るケア

バイト中、利用者さんから「よよこちゃんを見ると元気が出るよ〜」と言われ。技術がまだまだな自分でも、利用者さんのために出来ることってあるんだなぁ、と思った。自分が出来ることを安定して惜しみなくやる!

 

思い出したらまた追記しよ。

 

一旦おわり!5月もふぁい、お〜٩( 'ω' )و

己の不勉強を恥じた日

ツイートしたことを貼っつけとく。

 

***

昨日感じたことは、自分は学んだことを言語化できないな、ということ。つまりそれは、なんにも学べてないのかもしれない。鍼灸の話を、業界の外にいる人に伝える時に感じてるもどかしさもそれなのだと思った。学んだことを自分の言葉で説明できるようにならないとだめだ

こんなことを今更言っててちょっと落ち込むんだ。。

 

だけど、遅かれ早かれ、自分の勉強の仕方では、こんなふうに思う日がくるだろうなという予感はしていた。1年のうちから、こういう不安は同級生にはしょっちゅう漏らしていて、それを実際に感じたのがたまたま昨日だっただけ。

 

自分の中だけでの納得感や理解ではなく、他者を意識した勉強に変えないと、この先はもうない気がした。


***

この先...

たぶん自分は、めちゃくちゃに頑張れば卒試も国試も、つまり試験的なものには受かると思う。

 

だけど、その先、臨床…は今のスタンスだと無理だと思った。だけど無理だと思いたくない。というか臨床出て何もできなかったら…?恐怖でしかない。

 

そんな未来が怖いなら、やっぱり今の学び方を変えないといけない。

 

基礎もぐらぐらなのに…と思うと途方に暮れるけどやるしかない。

看板作ってみた(開業のアイデア)

ちょっと思いつきで、開業するときの看板と屋号を作ってみた。

 

 

 

f:id:blog445:20220504222122j:image

 

 

日向坂46が好きで、アイドルも好きで、好きなアイドルの話を思う存分できる場所があったらいいな〜、という気持ちなどを込めて。

 

前にTwitterで「屋号おひさまにしたい」と言ったらTwitter仲間の方が「おひさま、よよこさんに合う!」と言ってくれて、なんかそれから「もし開業するなら屋号は“おひさま”だな〜」と。

 

ちなみに全然知らない人のために説明すると「おひさま」は日向坂46のファンを指す言葉です。

 

太陽のマークの色彩は、好きな日向坂楽曲『JOYFUL LOVE』から。とってもやさしい歌で本当好き。

 

(ところで本当は19色にしたかったんだけど、プロクリエイトもキャンバも使いこなせず断念。頭の中のデザインを形にできるようになりたい〜ぃぃぃ。使い方覚えたいぃぃぃ〜。)

 

あとは、色んな人を温かく受け入れるマインド…のつもりでレインボーカラーもちょびっと意識。

 

なんかねぇ…屋号を決めて、マークを作ってみたら、なんかすごぉぉぉく、愛着が湧いた。私は、訪問マッサージ師としてどこかに雇われたいという気持ちが強いんだけど、なんか、開業もいいな…ゆくゆくは出張だけで開業するつもりだったけどテナントを持つのもいいな…なんて気持ちにもなってきて。

 

あとは、本当におひさまを招集する院にするならば、おひさまみんなに「良い!」と思ってもらえる治療を提供できる鍼灸あん摩師にならなければ!という思いが強くなった。

 

なんというか現実味を、妙に帯びてきた…。

 

まだ学生だけど、屋号とマークを成長させていけるように頑張ろう。

 

日向坂46 『JOYFUL LOVE』 - YouTube